-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-01-30 16:37 | カテゴリ:情報メモ
先日テレビのニュース番組で現在団塊世代の大量退職を受けて、新卒の就職活動はバブル期以来の売り手市場!とか言うのを見て、「うらやましいねぇ・・・」などと旦那と話していたのですが。

そんな時代だからこそ、のこんなサイトができたようです。
リクナビ 卒業してからの就職

さすが、就活サイトトップを走り続けるリクルートさんといいましょうか。「いまからでも2007年春に新入社員として働ける」求人情報を集めた期間限定サイトなんだそうです。

つまり、卒業してもまだ就職活動を続けている人や、入社したけれどすぐ辞めてしまった人、ちょっと卒業後にフリーターをやってしまった人・・・などなど、職歴はないけれど新卒と同じように働く意欲はあるよっ!って人が就職先を探すことができるサイトなわけですね。

うーん、今のワカモノ(という時点でおばちゃんだ。自分)は恵まれた境遇でうらやましいよ。

ちなみに、私は団塊ジュニア世代にあたるので、大学卒業の頃はいわゆる就職氷河期というもので。さらに、工学部の電気系に行っていたので、そっちのメーカー系などはある程度大学の斡旋があるというのに、大学在学中に興味から弱小出版社でのバイトをはじめ、「やっぱり出版にかかわる仕事がしたいっ!」とか思ってしまったワタクシ。

大学からの斡旋は無視し(爆)自力で色々と回り、受けまくりましたよ、出版社。それもバイトがパソコン雑誌だったので、コンピューター系を中心に。(笑)<アスキーとかバンクとかも受けたなぁ。
結局はすべて落ちてしまいまして、バイトをしていた弱小出版社に正社員として入れていただいたわけですが。(そして同じ大学を卒業したお友達たちは皆様名だたる電気メーカーに勤めていたりするんですが。(爆))

その後ウェブ制作会社で原稿書いたり、ニュース系ネットベンチャーでニュースサイトをやったり、またも(今度は最初よりも規模の大きい(苦笑))ウェブ制作会社で企画営業やったりと、職歴10年ぐらいのわりには転職もたくさんいたしましたが。(で、出産を期に今は主婦をしておりますが。)

今でも大学4年のときの選択は間違ってなかったし、転職もしてよかったと思っています。それはやっぱり、自分のしたい仕事をしてきたから、だろうなぁ。

自分が何を仕事としていきたいかって、就職活動のとき、そして転職活動のとき、毎回毎回考えましたが、「自分の生み出したもので人を喜ばせたい」「自分の生み出したもので人を楽しませたい」というのは一環して根底に持って職を選んできたかなぁと。なので、後悔はないです。今主婦をしていてもね。(また主婦という経験値を蓄えて、返り咲いてやるぞーとか思っていたりいなかったり。)

というわけで、まだ就職活動をしているワカモノ達。現在フリーターとかしちゃってるワカモノ達。自分のしたい仕事って何?とじーっくり考えて、就職活動後悔ないように頑張ってくださいネ。


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://eoaiu.blog37.fc2.com/tb.php/251-31e78752
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。