-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-06-23 17:04 | カテゴリ:育児日記
えー、乾燥肌で(幼稚園の健康診断ではアトピー性皮膚炎と書かれましたが)風呂上がりのローションは欠かせないゆんゆんですが、何と言っても、掻き傷を作ってしまうのは寝ているとき。

というわけで、こんなん作ってみましたー。

かきむしり防止手袋

はい。何でしょう?

マジックテープをとめるとこうなります。

かきむしり防止手袋

どう?わかりました?

装着図。
かかないよー。



はい。簡易手袋です。(苦笑)

寝ているときだけつければいいので、絶対使わないであろう正月に買った生地の福袋の中にあったレインボーハート(笑)の生地を消費いたしました。

先を丸くするのも面倒なので、そのまま四角く袋状に縫い。
手首部分にマジックテープを縫い付けた綿テープを縫い付けました。

しかし、ためしにつけてみたらテープが短すぎっ!
ってことで、急遽綿テープを切って、別の布を継ぎ足しました。(汗)


やれやれ。これで夜の背中のかきむしりは改善されるでしょうか。


えー、これまでのゆんゆんの乾燥肌かきむしり対策としては。

1.寝るときはロンパスの下着を着させる。(背中がかきむしれないように。)

→しかし、大きくなるにつれてサイズが小さくなり、股の所のホックが外れて結局かいてしまうので却下。)

2.大きめ(2サイズ上ぐらい)の長そで下着を買ってきて、手の先にガーゼの袋状に縫ったものを縫い付ける。(手が使えなくなるけれど、寝るときだけその下着を使うようにしたので特に問題はなし。)

→しかし、使用して何日か経つと、器用に腕を下着から抜いて結局寝ながら背中をかいてしまう。

3.長そでガーゼ付き下着を着た後、手を抜かないように手首をテーピングテープでぐるぐる巻きにする。

→しかし、あまりきつくまくと血が止まりそうなのでちょっと余裕をもってまくと、結局やっぱり手を抜いてしまう。。。

→さらに、寝ながらガーゼ部分(手の部分)をかじっているらしく、ガーゼ部分が穴だらけになってくる。(汗)

3.そして今回の簡易手袋登場。

こちらも、二日目にして朝には両手抜いてました。(涙)
まあ、もちっときつくとめて様子を見ることにします。
はああ。。。

本当は通気性とかを考えると、ガーゼ地の方がいいかなーとも思ったのですが、
2.のこともあったので今回は綿生地にて。
(旦那にはキルティングとかで作れーと言われましたが、それはちょっと、手に汗かきそうだしねぇ。)


夏になるとだいぶ乾燥肌での肌荒れはおさまってくるんだけど、今度は虫刺されとか怪我のかきむしりが増えてくるんですよね。(去年はそれでとびひになってしまったし。。。)

肌の弱いお子様を持つ皆様、どんな対策されていますか?


<<ブログランキング参加中>>
にほんブログ村 子育てブログへ ブログランキング アクセスランキング


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://eoaiu.blog37.fc2.com/tb.php/447-7725d962
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。