-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-08-12 14:33 | カテゴリ:乳幼児連れお出かけスポット
子供達が大きくなったら絶対連れて行きたい!と常々思っていた「国立科学博物館」。まだちょーっと早いかなぁ、と思っていたのですが、「恐竜が見たい!」という子供達のリクエストにお答えして、初めて子供を連れて行ってきました。

上野の公園口から歩いて5分ほど。夏休みだからか、入場券を買う列ができておりました。
国立科学博物館

入口は地下にあり、入ってすぐのところにロッカーがあるので(100円。使用後戻ってきます。さすが公共施設。良心的。)不要な荷物を預けられます。我が家は弁当持参だったので、重たいものは預けて、身軽になって館内へ。

ひとまず、どれだけ子供達がもつかわからないので、一番の目的の恐竜の展示へ。
奥の建物、地球館のB1階に突入ー。

恐竜だー。

なおトンなんかは、この骨が恐竜である、という認識が最初はできなかったっぽいですが。なんとか納得しておおーっと喜びながら歩き回る、なおトンとゆんゆん。
ま、各展示ごとにタッチパネルの解説機があり、それを順番にいじっている・・・のがメインだった気もしなくもないですが。(苦笑)

地球館は地下3階、地上3階の6階建て。じっくり見ていたら1日じゃ足りないのでは?ってぐらい、見ごたえがあります。

ひとまず、地下3階まで下がって行ってから、一旦ロッカーに戻り、その横のラウンジで昼食。(カフェもありますが、持ち込みの弁当などを食べられるスペースもあり。夏じゃなくて天気の良い日は、地球館の屋上などで食べても気持ちがよさそうです。)

子供のころに来たイメージで、ここでご飯食べてもたいしたものがでないよなーと思ってお弁当持参にしたのですが、リニューアルした科学博物館は一味違う?!地球館の中二階に展示室が一望できるレストランとやらがあるようなので、一度食べてみたい気もします。

お昼の後は、色々な科学を体験できる、「たんけん広場」(地球館2階)へ。
滑車の原理?

滑車の原理や磁石、光の屈折などなど、いろいろ見て、触って体験出来る展示があって、子供達には大人気。夏休みなのでホントこのコーナーは子供があふれていて(苦笑)どれをやるのも並ぶ感じでしたが、それでも、ゆんゆんもなおトンも楽しそうにいろいろいじっておりました。

たくさんの動物のはく製の展示や、陸・海の生き物の骨の展示などは大人でも圧巻。すごいねーっと細かくみたいところですが、その辺は子供は待っていられないからね。。。(がくり。)

でも、気付けば入場してから4時間ほど。もうなおトンもゆんゆんも体力の限界だろーってことで、地球館をだいたい見終わったところで終了となりました。(本当は旦那は日本館にあったフタバスズキリュウが見たかったらしい。・・・って、帰ってから言うなよー。)


なおトン(3歳)にはまだ早いかなーと思っていたのですが、博物館を出るなり、「楽しかったねー。」の一言。いろんなところで興奮していたし、やっぱりちっちゃくても男の子だねーと感じてみたり。
ゆんゆんもそれなりに楽しんでおりましたが、やっぱりゆんゆんはコンサートとかのほうがノリが良いのかも。そのあたりは、やっぱり男の子と女の子の違いなのでしょうかね。


この科学博物館。実は私が子供の頃よく親に連れて来られていたんですよ。まあ、今考えるとお金のかからないレジャーだっったんでしょうけど。(4人兄弟なのでねー。何するにもお金かかるもんね。(苦笑))

でも、子供心に薄暗い博物館にちょっと怯えつつ、いろんなものが見られて、ワクワクして、楽しくて、とっても好奇心を刺激される場所だったという思い出が心に残っておりまして。今の好奇心の強い私がいるのは、親が博物館や図書館に幼いころから連れて行ってくれたおかげだよなーと思っているわけで。


ゆんゆんもなおトンも、ちょっとでもワクワク、ドキドキ、好奇心を刺激されていたら、嬉しいなぁと。


昔に比べてとってもきれいになって、展示の見せ方もものすごく工夫されていて、大人でもじっくりいろいろ見てみたくなる仕掛けがたくさん!
もちっと子供達が大きくなったときには、私もじっくり、興味の赴くままに見て歩きたいなぁ、と思うのでした。

科学博物館、幼稚園ぐらいのこどもでも、連れて行けば楽しめますよ♪
夏休みシーズンは子供も多いので、走り回ったり大声を出すことに注意していれば、小さい子でもあまり気を使うことなく、楽しく見て回れると思います。

>参考になりましたらポチっとクリックで応援おねがいしまーす。
にほんブログ村 子育てブログへ ブログランキング アクセスランキング

●国立科学博物館(http://www.kahaku.go.jp/
入場料:常設展示 大人・大学生 600円/小・中・高生 無料
※特別展示は別料金
バリアフリー情報

【ジャンル】:育児 【テーマ】:家族でお出かけ
コメント(4) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://eoaiu.blog37.fc2.com/tb.php/463-fe5d960f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。