-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-03-03 16:06 | カテゴリ:幼稚園日記
先日、埼玉にも雪が舞う中(涙)なおトンの体験入園がありましたー。雪の中、ひーひー言いながら、なおトンと午前保育で帰ってきていたゆんゆん、そして同じマンションのお友達を連れて幼稚園へ。

なおトン入園
いや、制服は着ていきませんでしたが。

うちの幼稚園の体験入園は、子供たちは先生と保育室で遊び、親は体育館で園長の話や、名前付けなどの説明を受ける、というもの。

ゆんゆんのピアノで週一は幼稚園に来ているなおトンは慣れたもので、さっさと靴を脱いで上履きに履き替え、どこに行くのー?と聞いています。

体験入園用の仮のクラス分けがされていて、なおトンはひまわり組。教室に行ってみると、ゆんゆんが年少で担任だった、なおトンにも気軽に声をかけて遊んでくれる先生が待っていて、なおトンはご機嫌に教室内に駆け込んでいきましたー。

あ、やっぱり涙の別れとかはないわけね。
ママと別れるのがいやで、しがみついて泣いている子もいるというのに、やっぱり二人目は幼稚園にも慣れているし、あっさりしたもんです。(苦笑)

ついでに、ゆんゆんは体育館に連れて行かないとだめかな~と思っていたら、「ゆんゆんちゃんもお姉さん先生になって手伝ってくれるの?」と先生。

いやー、さすが先生。子供のツボを心得ていることで。(笑)

一緒に教室においていっても大丈夫とのことだったので、お願いしていきました。
後で聞いたら、「泣いている子をいい子いい子してあげたり、ブロックでいろいろ作ってあげたりしたんだよー!」だそうです。まあ、世話好きだもんね、ゆんゆん。


別の部屋でお道具類を受け取り、説明会がある体育館へ。


ゆんゆんの時って、なんかお名前付けの話とか、バスや登園の説明なんかが結構あったような気がするのですが、今回は何というか、園長先生からも主任の先生からも、観念的な話が多かった気がしました。

とにかく、「子供が自分でできるようになるように、できるだけ手を貸さない努力をしてください。やってもらえると思ったら、子供は何もできるようになりません。子供を成長させるには、導きはあったとしても、大人がやってあげないことが大事なんです。」的な話が手を変え品を変え、延々と。

うーん、よっぽど「一人では何もできない」子供が増えているのかなぁ。なんて思ってしまいました。
幼稚園からの園便りにも、そんな話がよく書いてあるしなぁ。。。


ひとまず、そういう考えをしてくれるからこそこの園に入れているので、我が家でも「自分のことは自分で」を実践していけたらなぁ、と思っています。

ああ、でも、ゆんゆんも制服が自分で着れるようになるまでは結構大変だったよなぁ・・・などと過去を振り返ってみると、ゆんゆんよりも要領の悪いなおトンは、いったいどれだけ手こずるのだろうと、考えるとちょっと憂鬱・・・かも。


さて、説明会が終わって教室にお迎えにいくと、「えーもう帰るのー」的な態度のなおトンとゆんゆん。
ま、ゆんゆんが一緒に行く限り、「登園しぶり」はなさそうかなーと確信できた1日でした。

ひとまず、なおトン入園までの入園準備のチェック項目をメモっておきます。

<必須項目>
・袋物の製作(体操着入れ・着替え入れ・上履き袋・コップ袋・お弁当袋(お弁当用・給食用))
・クレヨン・道具・服類などの名前付け
・制服・ブラウスの袖をまつる
・制服・スモックのかけひもをつける
・タオルにかけひもをつける
・お弁当箱の購入>済

<時間があれば>
・スモックに目印をつける
・ブラウス・夏服の肩にバッチ用のひもをつける


んー、こんなものかな?後で足すかもしれません。
イヤー、でもあげてみると結構あるなぁ。(汗)

がんばれ~の応援ぽち、くださると嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログへ ブログランキング アクセスランキング


いい加減、なおトンの入園準備の袋物とかを作り始めなくてはと思うのですが、まだ、ゆんゆんの担任の先生にあげるアルバムの表紙が仕上がっておらず。

そんな時に限って、目の上がずきずき痛んできたりして。(疲れ目?虫歯?頭痛?)

しばらくは、パソコンを控えてがんばろうー。


ひとまず、お名前シールだけは買っておきました。(汗)
【ジャンル】:育児 【テーマ】:入園・入学準備
コメント(5) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://eoaiu.blog37.fc2.com/tb.php/520-0aa4dfcb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。