-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-09-08 22:17 | カテゴリ:情報メモ
夏休みも終わりの頃、有機野菜のネット通販で有名な、Oisix(おいしっくす)から、子供が苦手そうな野菜が勢揃い「野菜嫌い克服セット」が届きましたー♪

野菜嫌い克服セット

リンクシェアのレビューアフィリエイトにて当選したものです。

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

野菜嫌いな子供に、おいしっくすの美味しい野菜を食べさせて、野菜嫌いを克服しよう!というわけで。


我が家の野菜嫌い。それはお姉ちゃんのゆんゆんでございます。

人が食べているものなら何から何まで食べたがるなおトンとは違い、ゆんゆんはとにかく初めてのものはどれでも嫌。お肉でもちょっと違う味付けになったらおそるおそる。野菜なんて、得意なものは数えるぐらい?という感じで。年長、一年生になって随分食べるようにはなってきましたが、それはもう、食べる姿はとっても嫌そうにちびちびと。(苦笑)性格かもしれないけど、一人目って偏食になりがちですよね。

さて。セットに入っていたのは、子供が嫌がりそうな、「ピーマン・にんじん・こまつな・なす(白なす)・長ネギ・エリンギ・プチトマト」の7種類。ゆんゆんもプチトマト以外はどれも嫌がるお野菜です。

まずは一押し、白なすとエリンギをステーキに。
白なすとエリンギのステーキ

オリーブオイルで焼いて、塩こしょうをちょっとかけただけですが、これが本当にどちらも美味しい!

エリンギは根本の部分だけが入っていて、「ステーキ用」として売っているものなのですが、食感もよく、噛むと味がじわーっと出て来て、「これ、言わなきゃエリンギだと思わないよね。ホタテとかの貝柱みたいだね。」とは旦那の言葉。

白なすはこちらも焼いただけなのに、口の中で「とろっとろ」と、とろける感じで。普通の焼きなすとは比べものにならない程美味しい!そしてなす独特のくせも少ないので、とっても食べやすく。皮がちょっと固いので、子供達は皮をむいて食べていました。

さて、問題の野菜嫌いのゆんゆん。何よりキノコ類は一番の天敵なんですが。
どちらも一口目はイヤーな顔をしつつつ口に入れましたが、癖のないおいしさか、「美味しい野菜だよ」の呪文が効いたのか(笑)「うん。美味しいね。」ときっちり完食。

そしてお次は小松菜。こちらはあっさりおひたしにしてみました。
小松菜のおひたし

ほうれん草のごま和えはOKだけど、小松菜はイヤーのゆんゆん。でも、この小松菜は小松菜独特の苦みがほとんど無く、「これ、美味しい-」とサラダ感覚でぱくぱく食べておりました。

ピーマンは、お約束の肉詰めで。
ピーマンの肉詰め

なんとか最近、「ピーマン付きハンバーグ」としてなんとか「ハンバーグにくっついているピーマン」ならなんとか食べられるようになっていたゆんゆん。おいしっくすのピーマンは、こちらも小松菜と同じくピーマン独特の苦みが少なくて、特に抵抗なくすっと食べられていました。

大好きなプチトマトは普通に「美味しいね」とパクパク。田舎のおばあちゃんの畑で取れたトマトをまるごとかじったような、「本当のトマト」の味がするプチトマトでした。ただ、こちらもちょっと皮が厚めだったかな。調理例にあったように、皮を湯むきしてあげた方が子供達は食べやすいかもしれません。
トマト本来の味、甘さが実感できるプチトマトでした♪

ネギは普通に色々薬味に使って消費。柔らかくて、甘みが強かったです。

にんじんも柔らかくてにんじん独特の癖が無く。包丁がすっと入って切れてしまうのはビックリでした。なんだろう、いつも買っているにんじんは絶対切るときひっかかりがあるんだけどなぁ。不思議です。


そんな感じで、大人がおおっ!これは美味しい!とうなったのが、「エリンギ」と「なす」。
野菜嫌いの子供達にお薦めしたいのは、通常のスーパーなんかの商品と比べて独特の癖が少ない、「ピーマン」と「にんじん」「小松菜」でしょうか。

野菜はやっぱり本来の味が「美味しい」んだなぁ、と改めて感じた「野菜嫌い克服セット」でした。

Oisix(おいしっくす)


有機野菜っていったって、そんなに味に違いがあるのかなー?と私も食べるまでは懐疑的でしたが。
やっぱり違いはあるもんですね。
お得なお試しセットもあるので、気になる方は一回お試しをどうぞ♪

Oisix(おいしっくす)




【ジャンル】:育児 【テーマ】:おいし~い♪
コメント(4) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://eoaiu.blog37.fc2.com/tb.php/598-ee72f659
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。