-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-03-18 13:17 | カテゴリ:無駄話
震災の被害に遭った方々のご冥福をお祈りします。
そして被災地で頑張っている方々に、心からのエールを。


大変な地震から10日経ちました。

私の住む地区は震度五弱、近所には屋根瓦が落ちてしまっているお家もありますが、大きな被害はなく、家族みんなが無事に元気に毎日を過ごせていることに感謝しなくては、と思う毎日です。

当日は、私と下息子はちょうど幼稚園バスから降り、マンションの外で友達と遊んでいました。お姉ちゃんは小学校で、帰宅しようと準備していたところだったと聞いています。地震後、家の中を確認し(1階ということもあり、CDが棚から落ちた程度でした)下息子と一緒に学校へ。地震の時は怖くて泣いてしまったという娘とも、無事会えました。

都内に通勤する旦那と、同じく都下に住む私の両親兄弟とはメールで無事が確認できました。

繰り返される毎日があたり前でない、ということが、こんなに気持ちを不安にさせることだと初めて知りました。


それでも、月曜日から旦那は仕事へ(結局月曜日だけは電車の混乱で自宅待機となり帰ってきましたが)、子ども達は幼稚園と小学校へ。
普段の生活を取り戻すことが、今の自分たちに出来る事だと思っています。



地震当日、たくさんの東京で働く人々が、帰宅難民となりました。明日になれば電車も動き出す、ひとまず会社など安全な場所で待機を、というアナウンスもされましたが、本当に多くの方が何時間も歩いたり、渋滞に巻き込まれたりしながら家を目指しました。

今帰らなければ、大切な人に会えなくなるかもしれない、そんな気持ちだったと思います。


それでもまた、地震から三日しか経っていない月曜日、たくさんの方が東京へ、仕事へ、向かいました。

続く余震、大きな地震が一週間以内に起こる可能性が高いというニュース、そして原発。

被災地の方とは比べものにならない、とはわかっていますが、それでもたくさんの首都圏へ通勤する方々は、家族ともう会えないかもしれない、という不安を押さえ、仕事へと向かったのではないでしょうか。


だから、こんな中一週間頑張ったパパに、ありがとう。
頑張って「普通に」働いてくれている、たくさんの方々に、ありがとう。


周りに感謝し、自分自身も頑張っているとほめてあげて、みんなで前に進んでいけたらいいな。


早くみんなの心が、平穏になりますように。


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://eoaiu.blog37.fc2.com/tb.php/610-036d204d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。