-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004-10-08 11:05 | カテゴリ:育児日記
二人目の妊娠確定を期に、ゆんゆんの断乳を決行することにしました。



別に妊娠していてもおっぱいあげても大丈夫という説もあるので、気持ちはすごくゆれたけれど、このままずるずる続けて大きなおなかであげるのもどうかな、というのと、断乳したら、夜泣きがなくなるかもしれない・・・という淡い期待もあるかも。



ひとまず、夜泣きの中途半端なおっぱいでおしまいにするのもなぁ、ということで(いや、私の気持ち的に、ということなんだけど。)朝ごはんの後に「これで最後だよ」と言っておっぱいをあげる。ゆんゆんは、全くわかってない模様で、適当に飲んでいる。でも、「最後だよ、バイバイね。」と言ったら、またくわえていたので気配は察していたのかなぁ。



で、お昼寝タイムの10時過ぎ。目をこすりはじめたなーと思ったら、私に擦り寄ってきておっぱいアピール。寝かしつけはいつもおっぱいだったので、おっぱいを飲んだら寝る、という習慣になっているんだろうなぁ。



でも、今日は断乳の日なわけで。お昼寝する和室に抱っこで連れて行き、歌を歌いながらゆらゆらゆらしたり、寝かしてポンポン体を叩いてみたりするが、「おっぱいがもらえない!」ということがわかったらしく、大泣き開始。反り返って咳き込むほど泣き続け、おしゃぶりを与えようとしても、哺乳瓶で白湯をあげようとしても受け付けず。

やっと泣き疲れた頃に、抱っこで座って耳元で「ゆんゆん大好き」と言い続け、ゆーらゆーらと前後に揺れていたら、なんとか治まってきてやっと就寝。しゃくりあげながらだけどやーっと寝付きました。それでも、座布団の上に置こうとするとまた泣き出しそうになったので、再度ゆーらゆーら。なんとか寝たときには、泣き始めてから30分経っていた。



もうホント、私の方が泣きそうで、おっぱいあげたい!とくじけそうになりつつ。泣かれたせいか、おっぱいも乳首が痛かったり。



これで、次は夕方のお昼寝タイムか、それとも夜まで起きているか。。。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://eoaiu.blog37.fc2.com/tb.php/81-3f2bdb62
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。